果たしてビフィーナは生産は中止状況になっているのか

果たしてビフィーナは生産は中止状況になっているのか

ビフィーナという乳酸菌の商品には、売上高に関する特長があります。数ある商品の中でも、かなり大きな売上高を誇っているのですね。人々から好評な乳酸菌の商品だけに、その効果も大いに期待できるのではないでしょうか。
ところでその商品に対しては、幾つかの噂が発生しています。その乳酸菌の商品が、生産中止になっているという噂です。

 

実際インターネットで検索をしてみると、ビフィーナが生産中止などのキーフレーズで検索されている事もあるのですね。つまりビフィーナが販売されなくなってしまうのではないかという噂が、現在浮上している訳です。

 

生産中止ではなくリニューアルと路線変更が行われている

 

では果たしてそれは本当なのかと申しますと、実は本当ではありません。ただ、ある意味それは正しいとも考えられる状況です。
まず現在のビフィーナの状況ですが、決して生産がストップしているのではなく、いわゆるリニューアルが行われている状況なのですね。というのもこの商品は、度々更新が行われます。

 

具体的に申し上げると、ビフィーナのカプセルに対する変更点が生じているのです。ビフィーナという商品は、胃酸に溶かされづらい特徴があるのです。ご存知の通り、胃の中には非常に強力な酸が入っています。それで口から摂取した乳酸菌の商品が、胃酸で溶かされてしまう事も度々あるのですね。もちろんそれで溶かされてしまえば、大腸や小腸などに届きづらくなってしまうでしょう。それで効果が半減してしまう事例もあるのです。

 

ところがビフィーナのカプセルは非常に強力で、胃袋の酸にも耐えられるようになっているのですね。必然的に大腸や小腸に働きかけるようになりますので、多くの方々の便秘の症状を改善している訳です。
ところでビフィーナを製造しているメーカーは、しばしばそのカプセルの変更を行っています。実際つい最近まで、そのカプセルの更新作業が行われていたのですね。パソコンのソフトの更新のようなものです。それでさらにカプセルの品質が上がったので、上記のような生産中止という噂が浮上していた訳です。

 

ですのでビフィーナSは、別に生産中止になっている訳ではありません。定期的な購入をする事も、大いに可能です。
ただメーカー側としては、今後は通信販売ではなく、小売販売を強化しようという動きになっています。最近ではコンビニでもビフィーナRが販売されるようになっていますが、あのような形でその商品を宣伝しようという動きが活発化している訳ですね。ですのでビフィーナは生産中止というよりも、ちょっと路線変更になっているという表現が正解に近いでしょう。

 

>>善玉菌を増やす食材